人妻と不倫するなら平日昼間の時間帯を絶対におすすめする5つの理由

人妻と不倫するなら平日昼間の時間帯を絶対におすすめする5つの理由 未分類

人妻と不倫をするなら知っておくべきことはたくさんあるが、なかでも不倫に適している曜日や時間を知るのはマストだ。

これは男女とも共通して言えることだが、不倫をするなら平日の昼間が最適である。

今回はなぜ平日の昼間が不倫にとって最適なのか、その理由についてお伝えしようと思う。

理由①相手の旦那(自分の妻)にバレにくい

理由①相手の旦那(自分の妻)にバレにくい

不倫相手の旦那は平日は仕事であることが基本的に多いため、旦那が仕事に行ったあとの時間ならある程度自由に動くことができる。

子供がいても幼稚園や小学校に行っていれば、完全に1人の時間を過ごせるわけである。

洗濯物や晩御飯の準備など家事の時間を考えれば、10時~16時くらいまではあなたと会うことができる。

仮に旦那に聞かれたとしても、その時間帯なら

  • 買い物に行っていた
  • 映画を見に行っていた
  • ランチに行っていた

と言えば何も不思議ではない。

あなたも既婚者で妻がいる身なら、仕事中の休憩時間などを活用した方が怪しまれずに済む。

理由②平日の方がラブホテル代が安い

理由③平日の方がラブホテル代が安い

不倫関係の場合、男性がお金を払うシーンは多い。

独身だろうと既婚者だろうとあなたにも生活があるため、不倫相手のために何万円もお金を使うのは厳しいだろう。

あなたが既婚者の場合は

  • 何にお金を使ってるの?
  • この間お小遣い渡したばっかだよね?

なんて妻に問い詰められるかもしれない。

人妻と会うならラブホテルやビジネスホテルになるが、休日よりも平日の方が安く利用できる。

場所にもよるが地方なら休憩2000~3000円で済むし、それくらいの金額なら人妻も出してくれることがある。

それに利用客が少なく空いている部屋も多いので、一番安い部屋やSMルームなど人気の部屋に入れることも多い。

理由③休日は家族で過ごしてパートナーを安心させる

理由④休日は家族で過ごす

どこの家庭も基本的に休日は家族で過ごすので、そもそも休日に不倫相手と会うのはかなり難しい。

不倫相手の旦那が休日出勤や単身赴任だったとしても、小さな子供がいる場合は幼稚園や学校が休みのため、公園に連れて行ったりご飯を作らなければいけない。

あなたが既婚者の場合、

  • 会社の飲み会がある
  • 接待でゴルフに行かないといけない

など架空の予定を作っても、もしそれが嘘だとバレたら終わりなのは容易に想像できるだろう。

かと言って予定もないのに外出するのは不自然すぎるし、家族を大事にしないと確実に不倫を疑われることになる。

家族を大事にして「うちの旦那(妻)が不倫なんてするわけない」とパートナーに思わせることも、バレずに不倫を続けるための秘訣である。

理由④休日は誰かに見られる可能性が高い

理由②休日は誰かに見られる可能性が高い

休日は出かける人が多くなるので、どこで誰に見られているか分からない。

どれだけ気をつけていても、不倫相手のママ友やあなたの妻の友達に見られる可能性がある。

絶対に誰にも見られない個室のお店などがあるなら話は別だが、そうなるとお金も余計にかかってしまい経済的にも苦しくなってしまう。

不倫相手と外を歩くのも、一緒に車で移動するのも、とにかく休日の不倫は危険がたくさん潜んでいる。

その他にも理由③で説明した通り、休日に会うのはバレない嘘をつかなければならないのでハードルが高い。

理由⑤不倫相手を本気にさせない

理由⑤不倫相手を本気にさせない

不倫相手を本気にさせないためにも、休日に会うことは絶対にやめた方がいい。

あなたに家庭がある場合は特に注意しなければならない。

「家庭があるのに会ってくれるってことは、それだけ私に会いたかったに違いない」という勘違いをしてしまうからだ。

そうなると人妻側が今までのように体の関係だけで割り切れなくなり「お互い今のパートナーとは別れて一緒になろう」なんてとんでもないことを言い出す。

一度覚悟を決めた女は怖いので、何をしでかしてくるか分からない。

あえて家にいる夜に電話やラインをしてきたり、あなたの不在時を狙って家に押しかけてきたりするかもしれない。

あくまでも”遊び”ということを、常に不倫相手の人妻にアピールしておく必要がある。

人妻と不倫するなら平日の昼間がセオリー

今お伝えした5つの理由から、不倫するなら平日の昼間をおすすめする。

ただし、この曜日と時間帯なら絶対に不倫がバレないというわけではないので、お互いが細心の注意を払いながら会う必要がある。

他にも証拠隠滅方法の知識をつけることや、2人だけの不倫ルールを決めるなど、バレないためにできることは進んでやろう。

素敵な不倫ライフを!